1992

1本目の酸化触媒生産ラインの運用を開始

1994

1本目の廃触媒リサイクルラインが完成

1996

社名を「台湾康普化学股份有限公司」に改称/ISO 9002認証を取得

1999

先進材料および電池材料生産ラインが完成

2000

  • 経済部の「主導的新製品-高性能リチウム電池正極材料開発計画」による補助金を受ける
  • 社名を「康普材料科技股份有限公司」に改称

2001

  • BP、エクソンモービルのPTA需要を満たすため、「CoreMax Malaysia Sdn. Bhd.」を設立
  • BPにPTA酸化触媒を独占供給するため、「珠海康普公司」を設立

2004

台湾化学繊維、三菱のPTA酸化触媒需要に応えるため、「寧波康普公司」を設立

2009

  • 供TPT、三井のPTA需要を満たすため、「CoreMax (Thailand) Co., Ltd.」を設立
  • ISO 14000認証を取得
  • 台湾本社工場に電池材料生産ラインを増設
  • 2009/8 恒誼化工に出資

2010

台湾頭份工場に電池材料生産ラインを増設/新興市場に登録

2011

  • 翔鷺にPTA用酸化触媒を独占供給するため、「漳州康普公司」を設立
  • 伊藤忠商事株式会社の出資を受け、触媒および電池材料の販路を開拓
  • 証券先物局による店頭公開許可を受ける

2015

ジェイカムアグリ株式会社の出資を受け、台湾傑康を設立(肥料業界に参入)

2017

  • 台湾頭份工場の拡張により電池材料生産ラインが3本に
  • CoreMaxグループ本部ビルを開設
  • 2017/9/8 株式上場